アサヒのグルコサミンexで元気な生活|ラクラク快適な痛み解消術

膝の痛みはまだ間に合う

膝

40代でも無縁ではない

グルコサミンはトレッキングや街中ウォークなどを楽しんでいる人々にとって頼もしい成分として人気を得ています。そうした背景から、グルコサミンの愛用者には50歳から60歳代以上の人々が特に多いようです。歩くときに膝に軽い痛みなどを感じるようになるのは、おもに50代以上の人に多いということとも関連して、この年代にグルコサミンを頼りにしている人がたくさんいるのだと思われます。しかし、運動不足になりがちな人の場合には40代であっても膝に不調が現れることがあります。膝に現れる痛みというのは初期のうちは一過性であることが多いものです。ところがすぐに治ったからといってその不調を放置して膝を悪化させる人が増えています。このため、これから先は40代の人の場合にもグルコサミンの重要性が高まっていくと見られます。

あきらめずに摂取を

グルコサミンはコンドロイチンやコラーゲンなどのように関節にとって大切な成分です。人は普段の食べ物からもグルコサミンを摂って自分の体に合うよう変化させて使っていますが、それだけではグルコサミンの量は年をとるにつれて少なくなっていきます。それに対して骨や関節は若いときよりも柔軟性を失っていくので、グルコサミンを積極的に摂取して骨や関節の障害を未然に防ぐことが大切です。ただしグルコサミンは、いったん傷めてしまった関節にも効果を発揮するという特徴を持っています。関節リウマチの患者でもまだ進行が浅いうちであればグルコサミンによって大幅に改善したという研究報告もあります。したがって、膝が痛むようになってからでもあきらめずに摂取することが推奨されます。